技術コラム

溝入れバイトとは?特徴から製造のポイントまで紹介

超硬ロウ付フルR溝入れバイト

 

溝入れバイトとは、加工物に溝をつくる役割をもった切削工具です。普段使用している切削工具には、加工に応じて適した工具があります。

普段工具を使用するなかで、
「なんとなく今の工具を使用しているけどもっと適した工具があるのかもしれない」
など、思ったことはないでしょうか。

 

切削工具は加工条件や材料にあわせて適切な工具を選択する必要があります。
今回は、「溝入れバイト」に関する基本情報をお伝えいたします。

溝入れバイトとは?

旋盤で使用する切削工具を「バイト」と呼びます。加工物に対し、どのような加工をしたいかによってそれぞれ専用のバイトがあります。溝入れバイトは、加工物に一定の幅をもたせた「溝」を加工するための切削バイトです。

溝入れバイトの特徴

溝入れバイトのなかには、「突切り溝入れバイト」「端面溝入れバイト」「外形溝入れバイト」「内径溝入れバイト」といったように、使用用途や加工場所に応じていくつか種類があります。

これまでは丸シャンクが一般的でしたが、角シャンクのものも製造されるようになりました。内径溝入れは、内径加工で干渉の問題から丸バイトを用いる場合が多いです。また、首を偏芯させ、剛性を強くすることも多く、通常の平溝のみならず、V溝やR溝、アリ溝、総型形状用のものなど多くの種類があります。

溝入れバイトの製造方法とポイント

当社で製造する際の流れについていくつかご紹介いたします。

 

《製造方法①》

スローアウェイチップ追加工/メーカー品購入/ブランクチップ購入のいずれかで素材を用意しプロファイル加工を施し成型

 

《製造方法②》
工具研削盤を用い、超硬研磨丸棒やハイス研磨丸棒を追加工しバイトに成型

 

《製造方法③》

ロウ付バイトの場合、旋盤・フライス加工によりバイトシャンクを加工し成形します。その後、ロウ付を施し、平面もしくは円筒加工でバイトシャンクを研磨します。最後に、工具研削やプロファイルで刃付け

溝入れバイトに関する製品事例

続いて、実際に当社が製作した溝入れバイトの製品事例をご紹介いたします。

ⅰ.超硬ロウ付ヌスミ加工用アンギュラバイト

超硬ロウ付ヌスミ加工用アンギュラバイト

部分的な加工であるヌスミ用に製造したものです。超硬のボディに超硬チップをロウ付していることで剛性をもたせています。

>>詳しくはコチラ

ⅱ.超硬ロウ付フルR溝入れバイト

超硬ロウ付フルR溝入れバイト 

超硬製のロウ付フルR溝入れバイトです。
プロファイル研削盤によるR加工の実施により、高精度のR形状と良好な切削を可能にしています。

傷んできたら再研磨が可能です。

 

>>詳しくはコチラ

ⅲ.超硬ソリッド内径溝入れバイト

超硬ソリッド内径溝入れバイト

超硬製のソリッド内径溝入れバイトです。
内径の溝を削る加工で用いられるバイトで、超硬丸棒を成型して製作しています。

 

>>詳しくはコチラ

特殊工具の開発・製造のことなら、特殊超硬バイト 開発ラボまで!

今回は、溝入れバイトについてご紹介しました。

溝入れバイトの特徴を正しくおさえていただき、加工条件にあった適切な工具選定の参考にしていただけたらと思います。

 

特殊超硬バイト 開発ラボでは、高品質工具、複雑形状、長寿命な「きれもの」づくり、そして「まごころ」をこめて1つ1つ丁寧に特殊バイトを製造・開発してきました。創業60年の歴史と経験から得られる実績と高い技術力を有しています。

 

ロウ付バイト・総型バイト、成型バイト・溝入れ丸バイト、スロッターバイト、ヘール加工バイト、スローアウェイチップ、成型チップ・総型チップ、特殊スローアウェイチップ、ハイススローアウェイチップ、カッター刃・切断刃、粉砕刃・固定刃・回転刃、パンチ・ダイス・スリッター、ロール・センタレスブレード、コイリングピン・ワイヤー線ガイド、接点・電極・耐磨耗部品 など幅広く対応、記載がないご依頼も柔軟に対応いたします。

 

「どこに工具製作を頼んだらいいかわからない」
「時間・工数が合わない」
「コストがあわない」
「対応可能な会社が見つからず困っている」

上記のようなお悩みをお持ちの方は是非当社に一度ご相談ください。