工具開発事例

ワイヤー線用フィードローラー

名称ワイヤー線用フィードローラー
工具分類ローラー
工具材質D2(超硬)
被削材
業界スプリング
精度±0.01
改質処理鏡面ラップ

■ワイヤー線フィードローラー
 こちらは超硬製のワイヤー線フィードローラーです。

 

<製品特性>
バネ製作などのワイヤー線をフィードする際に使用されるローラーです。ワイヤーの送給機内などで多く使用されています。ワイヤー線をしっかりフィットさせ、スムーズな送りをR加工で実現しています。

<加工ポイント>
 1) ワイヤーを通す溝の高精度なR形状を「プロファイル研削盤」で仕上げ
 2) スムーズな送りのための均一な面仕上げ

 3) 細線R0.08にも対応

 4) 溝部は通りをスムーズにするため鏡面ラップ処理をしています。

 細部の微細加工が必要な精度を問われる加工です。

 

・特殊超硬バイト開発ラボとは?
特殊形状に応えるべく、様々な設備を自社保有しています。使用されるお客様の用途に合わせた高精度な仕上げを実現する事が出来ます。もちろん、ラボですから、お客様のご要望にお応えすべく、様々な開発試作を行っております。
そんなお客様との技術セッションを通じて、特殊な刃物はもちろんの事、このような「刃物ではない工具」も開発実績を多数有しております。また、超硬刃の加工に関しても、様々な業界に向けて製作してきた工具製造のノウハウを活かすことで、「当社にしかできない」超硬バイトの製造をすることができます。
特殊超硬工具の開発・製作のことなら、特殊超硬バイト開発ラボまでお任せください!