工具開発事例

超硬ロウ付ブレード

名称超硬ロウ付ブレード
工具分類超硬ロウ付ブレード
工具材質K10/NAK55
被削材S45C
業界鉄鋼
精度±0.01
改質処理

■ボディー材質にNAK55を使用している、高剛性の超硬ロウ付ブレード
  
<刃物特性>
 専用機のローターに取付けられ、回転して銅を削る超硬ロウ付ブレード。
 
<加工ポイント>
1) ブレードシャンクは耐摩耗性を上げるため、NAK55を使用。
2) 刃先剛性をUPさせるため、超硬を最大限厚く設計
3) ロウ付面はベタ付けでロウ付面積が少ないが、細かく管理したロウ付方法で、強固な接合を実現!

 

・特殊超硬バイト開発ラボとは?
特殊形状に応えるべく、様々な設備を自社保有しています。また、お客様のご要望にお応えすべく、様々な開発試作を行っております。
そんなお客様との技術セッションを通じて、特殊な刃物の開発実績を多数有しております。超硬刃の加工に関しても、様々な業界に向けて製作してきた工具製造のノウハウを活かすことで、「当社にしかできない」超硬バイトの製造をすることができます。
特殊超硬工具の開発・製作のことなら、特殊超硬バイト開発ラボまでお任せください!