技術コラム

外径溝入れバイトの作り方と使い方

 

 

溝入れバイトとは、加工物に一定の溝を作る役割を持った切削工具のことです。

そして製品設計や加工方法、加工される製品の材質に合わせて正しいバイトを選定し、高い生産性を実現してくれる業者に依頼することが、納得のいく仕上がりに繋がります。

今回は、溝入れバイトの中でも「外径溝入れバイト」の作り方と使い方をお伝えいたします。

 

 

溝入れバイトの種類

溝入れバイトを利用して加工することを”溝入れ加工”と呼び、使用用途や加工場所によって使用バイトは異なります。

また、使用用途や加工場所によって使用するバイトも異なりますが下記が中でも代表的なバイトの種類です。

①突切りバイト

②端面溝入れバイト

③外径溝入れバイト

④内径溝入れバイト

 

外径溝入れバイトとは

外径溝入れバイトとは、加工物の表面(外側)を削ったり、加工物の表面(外側)に溝を入れる加工の際に用いられるバイトのことです。

また、外径に深い溝入れ加工を施す場合、切り粉の排出が難しくなるため、生産性だけでなく加工安定性も考慮されたバイトを選択する必要があります。

 

品質の高い外径溝入れバイトを作るためのポイント

①高い寸法精度の刃物を使用する。

→精密部品を加工するにはそれ以上の精度が必要とされているため。

②チッピング対策を行う。

→ホーニングやノーズRを付けることで、刃先が欠けにくくなるため。

③切り粉のはけをよくする。

→ブレーカーの最適な形状や表面精度をよくすることが必要なため。

 

外径溝入れバイトで一発溝入れ加工をする際のポイント

一発溝入れ加工とは、効率的で生産性の高い加工方法として挙げられますが、課題として切り粉が溝に溜まりやすいことも挙げられます。

この課題を解決するためには溝を入れた時に生まれる切り粉のはけをよくする必要があります。

それには最適な形状のブレーカーで且つ、仕上げ面と呼ばれる表面精度が高い外径溝入れバイトを使用する必要がございます。

ということは溝に合った外径溝入れバイトを選ぶ必要があります。

次に、外径溝入れバイトを選ぶ時のポイントをご紹介いたします!

 

自社に最適な外径溝入れバイトを選ぶ時にチェックしたいポイント

切削工具には、加工に応じて適した工具がありますので、

「なんとなく今の工具を使用しているが、もっと適した工具があるかもしれない…」という心当たりある方は

下記3点と加工条件や材料にあわせて適切な工具を再検討してはいかがでしょうか。

①材質

②コーティング

③精度

 

当社製品事例

 

i.内径溝入れ丸バイト

内径溝入れ丸バイト

こちらは内径溝入れ丸バイトです。

剛性を保つために、首を偏芯(楕円)加工しています。

両頭なので経済的です。

 

>>詳しくはコチラ

 

ⅱ.超硬ロウ付フルR溝入れバイト

超硬ロウ付フルR溝入れバイト

超硬製のロウ付フルR溝入れバイトです。
プロファイル研削盤によるR加工の実施により、高精度のR形状と良好な切削を可能にしています。

傷んできたら再研磨が可能です。

>>詳しくはコチラ

 

 

 

まとめ

今回は、外形溝入れバイトについて紹介しました。

外径溝入れバイトは、加工物の表面(外側)を削ったり、加工物の表面(外側)に溝を入れる加工の際に用いられるバイトのことです。

特殊超硬バイト 開発ラボでは、高品質工具、複雑形状、長寿命な「きれもの」づくり、そして「まごころ」をこめて1つ1つ丁寧に特殊バイトを製造・開発してきました。創業60年の歴史と経験から得られる実績と高い技術力を有しています。

ロウ付バイト・総型バイト、成型バイト・溝入れ丸バイト、スロッターバイト、ヘール加工バイト、スローアウェイチップ、成型チップ・総型チップ、特殊スローアウェイチップ、ハイススローアウェイチップ、カッター刃・切断刃、粉砕刃・固定刃・回転刃、パンチ・ダイス・スリッター、ロール・センタレスブレード、コイリングピン・ワイヤー線ガイド、接点・電極・耐磨耗部品 など幅広く対応、記載がないご依頼も柔軟に対応いたします。

「どこに工具製作を頼んだらいいかわからない」
「時間・工数が合わない」
「コストがあわない」
「対応可能な会社が見つからず困っている」

上記のようなお悩みをお持ちの方は是非当社に一度ご相談ください。