工具開発事例

外径旋削チップ

外径旋削チップ
スローアウェイチップ
超超微粒子超硬合金
樹脂
エレクトロニクス
±0.025

■外径の仕上げ面精度にこだわった外径旋削チップ
 

<刃物特性>
 先端に僅かなストレートランドを残すため、刃先チッピングは0.003μm以下に抑えている。

 

<加工ポイント>
1) 刃先チッピングを極力小さくするため、材質は超超微粒子合金を採用
2) ワーク挽き面精度を向上させるため、ピン角ではなく、0.03mmのストレートランドを残す
3) 刃先チッピングは0.003μm以下を実現

 

・特殊超硬バイト開発ラボとは?
特殊形状に応えるべく、様々な設備を自社保有しています。また、お客様のご要望にお応えすべく、様々な開発試作を行っております。
そんなお客様との技術セッションを通じて、特殊な刃物の開発実績を多数有しております。超硬刃の加工に関しても、様々な業界に向けて製作してきた工具製造のノウハウを活かすことで、「当社にしかできない」超硬バイトの製造をすることができます。
特殊超硬工具の開発・製作のことなら、特殊超硬バイト開発ラボまでお任せください!