工具開発事例

SKH57製 アリ溝シャンクダブテール

名称ダブテール
工具分類総型バイト
工具材質SKH57
被削材真鍮
業界素材
精度±0.02
改質処理TIN

■6軸自動加工機で使用される、シャンクがアリ溝の総型バイト

 

<刃物特性>
材質はモリブデン系高速度工具鋼のSKH57を採用。一体型のムクバイト。フォーム形状はバイトの長手方向に加工されるため、大量生産向き。TiNコーティングを施し、工具寿命をアップ!

 

<加工ポイント>
1) バイトシャンクの固定はアリ溝を利用するため、バイト剛性が非常に強い
2) 金太郎飴式の総型バイトなので、再研磨が容易で再研磨回数も30回以上可能で経済的
3) コーティングはTiNの他にTiCN、TiAlNや複合多層コーティング膜も可能で、更に寿命をアップ!

 

・特殊超硬バイト開発ラボとは?
特殊形状に応えるべく、様々な設備を自社保有しています。また、お客様のご要望にお応えすべく、様々な開発試作を行っております。
そんなお客様との技術セッションを通じて、特殊な刃物の開発実績を多数有しております。超硬刃の加工に関しても、様々な業界に向けて製作してきた工具製造のノウハウを活かすことで、「当社にしかできない」超硬バイトの製造をすることができます。
特殊超硬工具の開発・製作のことなら、特殊超硬バイト開発ラボまでお任せください!