工具開発事例

切断刃

名称切断刃
工具分類切断刃
工具材質SKD11
被削材ビニール
業界機械部品
精度±0.025
改質処理擦り合わせ

■食品用パッケージビニールの切断刃
 ハサミのように上刃と下刃を重ねてパッケージに使用されるビニールシートを切断する刃物

 

<刃物特性>
 高精度で上下の刃物を重ねた切断刃 上刃と下刃の僅かな嚙み合わせの誤差で切れ残りが発生するため、ミクロン単位の平坦度の研削と、1枚1枚の擦り合わせで、噛み合わせを調整。

 

<加工ポイント>
1) 上下の刃物が正確に重なり合うよう、切断刃の反りを研磨加工
2) プロファイル研削盤にて、各刃の段差部の角をR形状で繋ぎ±0.005以下で仕上げ
3) 最終仕上げは職人による手作業での擦り合わせを行うことで、μm単位の高い平面度と摺動性を実現!

 

・特殊超硬バイト開発ラボとは?
特殊形状に応えるべく、様々な設備を自社保有しています。また、お客様のご要望にお応えすべく、様々な開発試作を行っております。
そんなお客様との技術セッションを通じて、特殊な刃物の開発実績を多数有しております。超硬刃の加工に関しても、様々な業界に向けて製作してきた工具製造のノウハウを活かすことで、「当社にしかできない」超硬バイトの製造をすることができます。
特殊超硬工具の開発・製作のことなら、特殊超硬バイト開発ラボまでお任せください!