工具開発事例

ホースニップル用ダブテール

名称ダブテール
工具分類総型バイト
工具材質YXM4
被削材真鍮
業界部品
精度±0.02
改質処理

■刃物タイプ選択可能 ホースニップル用総型バイト
 真鍮製のホースニップルを加工仕上げする総型バイト

 

<刃物特性>
ニップルの形状を一発仕上げする高剛性の総型バイト。この形状を出すためにアリ溝部分をクランプしている。また、お客様のニーズに合わせて刃物種類を超硬ロウ付け 又は ハイスムクタイプいずれも選択可能な刃物。高剛性のため、刃巾60mmも可能。刃先が痛んでも、スクイ面を研磨するだけで、数10回使用できる、経済的な総型バイト。フォーム形状はバイトの長手方向に加工されるため、大量生産向き。

 

<加工ポイント>
1) 精度を決めるクランプ部分。測定方法はピンゲージとマイクロメーターで以前は行っていたが、最新の画像測定器により、アリ溝位置精度10μm以内。アリ溝角度60°±5′の超高精度で公差管理
2) コーティング分を考慮した寸法精度での仕上げ、コーティング後の寸法保証
3) 再研磨をしても、常に同じ形状制度が維持できるように、アリ溝との垂直度5μm以内の高精度

 

・特殊超硬バイト開発ラボとは?
特殊形状に応えるべく、様々な設備を自社保有しています。また、お客様のご要望にお応えすべく、様々な開発試作を行っております。
そんなお客様との技術セッションを通じて、特殊な刃物の開発実績を多数有しております。超硬刃の加工に関しても、様々な業界に向けて製作してきた工具製造のノウハウを活かすことで、「当社にしかできない」超硬バイトの製造をすることができます。
特殊超硬工具の開発・製作のことなら、特殊超硬バイト開発ラボまでお任せください!