工具開発事例

ハイスロウ付総型スロッターバイト

名称ハイスロウ付総型スロッターバイト
工具分類スロッターバイト 総型バイト
工具材質FAX38/SK3
被削材S45C
業界機械部品
精度±0.02
改質処理ソルトバス焼入れ

■外径がΦの特殊スプライン溝を仕上げる専用工具
  
<刃物特性>
 刃先の材質は、靭性を保ちながら硬度も上げられる粉末ハイスを採用
 低温ロウ付技術を確立することで ハイス硬度低下を抑え、ロウ付研磨後も高い硬度を維持
 剛性が高いため、切れ味が良く長寿命を実現
 外径がRのスプライン溝が加工でき、更にバリを防ぐ僅かな面取り加工を実施

 

<加工ポイント>
1) ロウ付部は挟み込み形式で高剛性を実現
2) ロウ付後はハイスチップの全数硬度検査を実施してHRC64以上を保証
3) 刃先には精度良くR形状を加工 微小面取り部も成型
4) 形状を本体基準に0°で加工を実施 上面から再研磨することで新しく同じ形状が出てくるため新品のように形状精度が保てる

 

・特殊超硬バイト開発ラボとは?
特殊形状に応えるべく、様々な設備を自社保有しています。また、お客様のご要望にお応えすべく、様々な開発試作を行っております。
そんなお客様との技術セッションを通じて、特殊な刃物の開発実績を多数有しております。超硬刃の加工に関しても、様々な業界に向けて製作してきた工具製造のノウハウを活かすことで、「当社にしかできない」超硬バイトの製造をすることができます。
特殊超硬工具の開発・製作のことなら、特殊超硬バイト開発ラボまでお任せください!