工具開発事例

外径削りフォームドチップ

名称外径削りフォームドチップ
工具分類スローアウェイチップ
工具材質切削工具用超硬 P種
被削材鋳鉄
業界産業機器
精度±0.02
コーティング-

■外径部の複雑溝一発加工用フォームドチップ
 こちらは、鋳物の外径部にある複雑な溝形状を一度に加工する総型刃物です。

 

<刃物特性>
 市販のブランクチップを追加工することで、一発加工を実現します。微細な加工もプロファイル研削盤によって、高精度に仕上げております。特に、溝形状の奥深い場所には、細い砥石を採用し細かな形状精度 ±20μm以下に対応させました。また、右と左の横逃げがつくため、加工上どうしてもつなぎが避けられませんが、高いプロファイル研磨技術により、段差を生じさせません。

 

<加工ポイント>
1) 総型として型取りされた形状を実現するプロファイル研削
2) 各形状のつなぎ目、段差無し(2μm以下)
3) 既存の市販ブランクチップ追加工による「高機能化」改造

 

・特殊超硬バイト開発ラボとは?
特殊形状に応えるべく、様々な設備を自社保有しています。また、お客様のご要望にお応えすべく、様々な開発試作を行っております。
そんなお客様との技術セッションを通じて、特殊な刃物の開発実績を多数有しております。超硬刃の加工に関しても、様々な業界に向けて製作してきた工具製造のノウハウを活かすことで、「当社にしかできない」超硬バイトの製造をすることができます。
特殊超硬工具の開発・製作のことなら、特殊超硬バイト開発ラボまでお任せください!