工具開発事例

総型溝入れチップ

名称総型溝入れチップ
工具分類スローアウェイチップ
工具材質切削工具用超硬 M種
被削材ステンレス
業界産業機器
精度±0.010
コーティング-

■ステンレス用 溝加工総型チップ
 2か所の異なる溝を同時に加工する総型刃物です。

 

<刃物特性>
 市販のSNGN(正方形・ネガティブ・穴なし)チップを改良することで、一発加工を実現しています。2か所にそれぞれ違った形状の溝を加工するよう成形。位置ずれが無いように、互いの距離を±0.01の精度で加工。
さらに、溝加工時に面取りを同時に実施するため、「溝+面」の使用深さを考慮し設計した。

 

<加工ポイント>
1) 違う形状の2か所の溝を同時に加工する位置精度
2) 先端の刃物欠けを防止する先端R0.2の付与
3) 溝加工に加え、面取りも実現する形状角度
4) 市販SNGNチップ改造による「高機能化」改造
5)  正方形チップの1辺は、6.35/9.525/12.7/15.875/19.05の種類があり、ワークの幅に合わせて、選択可能

 

・特殊超硬バイト開発ラボとは?
特殊形状に応えるべく、様々な設備を自社保有しています。また、お客様のご要望にお応えすべく、様々な開発試作を行っております。
そんなお客様との技術セッションを通じて、特殊な刃物の開発実績を多数有しております。超硬刃の加工に関しても、様々な業界に向けて製作してきた工具製造のノウハウを活かすことで、「当社にしかできない」超硬バイトの製造をすることができます。
特殊超硬工具の開発・製作のことなら、特殊超硬バイト開発ラボまでお任せください!