工具開発事例

面取りスローアウェイチップ

名称面取りチップ
工具分類スローアウェイチップ
工具材質G10E(超硬)
被削材アルミA5050
業界産業機器
精度±0.02
改質処理

■面取りスローアウェイチップ
 こちらは、超硬製のインナー加工用の面取りスローアウェイチップです。

 

<刃物特性>
市販チップを加工素材にし、そこへプロファイル研削にて形状加工を加えたスローアウェイチップ。これにより、市販チップに機能が付加され、内径・外径を兼用する面取りチップになっています。

 

<加工ポイント>
1) 中凹部の幅±0.02とその幅の角R0.8(レンジ0.05)を「プロファイル研削盤」で成形
2) 市販チップ活用によるコスト効果

 

・特殊超硬バイト開発ラボとは?
特殊形状に応えるべく、様々な設備を自社保有しています。開発ラボとしてお客様のご要望にお応えすべく、様々な開発試作を行っております。
そんなお客様との技術セッションを通じて、特殊な刃物の開発実績を多数有しております。超硬刃の加工に関しても、様々な業界に向けて製作してきた工具製造のノウハウを活かすことで、「当社にしかできない」超硬バイトの製造をすることができます。
特殊超硬工具の開発・製作のことなら、特殊超硬バイト開発ラボまでお任せください!